排卵検査薬 通販ショップ>排卵検査薬で陽性が出たら?

排卵日を計算して危険日を予測


排卵検査薬は排卵日を知るためのもの

排卵検査薬は排卵日を知るためのもの。

つまり、妊娠したい方が使う検査薬です。
sponsored link


排卵検査薬を使って結果が陽性だった場合

排卵は「陽性」と出てから36時間以内に起こるとされています。

ですから陰性から陽性に変化した日、もしくはその翌日が妊娠する可能性が高い時期だと言えます。(個人によって、「陽性」の時期が3日程度続くこともあります)


・検査をした初日に陽性が出た場合

検査はそのまま陰性が出るまで続けるようにしてください。
また子作りはなるべく早く行うようにしてください。

※陽性が出た場合、できるだけ早く子作りを行うこと。


以下の場合は排卵している為に陽性が出るのではありません


・不妊治療の為の薬剤を投与している場合
・妊娠している場合
・流産した後
・分娩した後
・中絶した後
・更年期障害が出ている
・内分泌障害がある
・絨毛癌もしくは胞状奇胎などの絨毛性疾患がある場合 など



陽性が出て、検査の必要がなくなった場合でも使っていない妊娠検査薬は封を開けていなければ使用期限まで使うことが出来ます。


排卵判定の注意点

排卵の有無を確認することになる黄体形成ホルモン(LH)は、ごく微量ながら常に分泌されています。その分泌の推移は個人によって違います。

妊娠検査薬はこの黄体形成ホルモン(LH)をもとに排卵を予測するものですので、普段のLH濃度が高めの方であれば「陽性」が出る場合があります。

ですので、もし排卵検査薬を一箱全て使って「陽性」が出た場合には産婦人科を受診し、医師に相談した方がいいでしょう。
sponsored link

Copyright(C) 排卵検査薬 通販ショップ Allrights reserved.