排卵検査薬 通販ショップ>排卵検査薬とは?

排卵日を計算して危険日を予測


排卵検査薬とは?

排卵検査薬とは妊娠できる日を調べるためのものです。

排卵検査薬を使わなくても基礎体温を計ることによって、大体の排卵日を知ることは可能ですが少し面倒です。

そういった場合に手軽に排卵日を調べることができる排卵検査薬を使います。
sponsored link


排卵検査薬で排卵日を知る

排卵がある直前に黄体形成ホルモンの分泌(LH)が多くなります。
これをLHサージと言います。

排卵はLHの濃度がピークを示してから24時間以内に見られます。
排卵検査薬でこのLHのピーク時を知ることが可能です。
つまり、排卵日を知ることができるということですね。

排卵を検査するは大きく2種類あります。

FDA(米国における日本の厚生労働省のような機関)に認可されている排卵検査薬と唾液で排卵を調べる「唾液チェッカー」です。

唾液チェッカーは半永久的に使用することができます。

排卵検査薬はインターネット通販もしくはドラッグストア、薬局で購入することが可能です。


排卵検査薬使用時の注意点と使い方


・朝一番の尿では検査しないこと
・毎日1回同じ時間帯に検査をすること



排卵検査薬で強い反応が見られてから実際に排卵があるまでは「16時間〜24時間」。
卵子が活動しているのが排卵があってから「12時間〜24時間」。
精子の活動時間が「72時間」。

ということは、排卵検査薬で強い反応が出てすぐに夫婦生活を持てば、妊娠の可能性が高まるということになりますね。

排卵検査薬はロート製薬から出ている「ドゥーテスト」にような有名なものから、海外から個人輸入して販売されているもの、漢方によるものなど様々です。

個人によってはある程度使い続けてみて排卵日を特定できるケースもあるようですから、使い勝手と値段を照らし合わせてご自分に合うものを選ぶといいようです。
sponsored link

Copyright(C) 排卵検査薬 通販ショップ Allrights reserved.