排卵検査薬 通販ショップ>妊娠のタイミングを計る

排卵日を計算して危険日を予測


妊娠をするためのタイミングを計る目安

妊娠をするためのタイミングを計るには目安が必要です。

目安になるのが排卵日です。
sponsored link


排卵日を知る為にはどんな方法がある?


「基礎体温をつける」
「排卵検査薬で排卵日を予測する」


上記の2つは、妊娠を望む多くの女性が行ってます。

基礎体温は排卵日を確認するため、そして排卵日を予測するのが排卵検査薬です。
この二つを併用することで、妊娠をするためのタイミングが計りやすくなります。

ただ、基礎体温をつけているけれど、そのグラフに出ている結果から排卵日を読み取りづらいという方もいます。

「高温期がいつ始まっていつ終わっているのかわからない」
「最低の体温日がわからない」


基礎体温をずっとつけていれば、自分のリズムが把握できるようになるとは言われていますが、やはりこれだけでは少し不安もありますよね。

ですから、こういいう場合には排卵検査薬のみもしくは基礎体温と検査薬を併用しながら排卵日を予測していってもいいでしょう。

また、簡単に排卵日を予測してくれる便利なサイトもあります。

排卵日を計算-排卵日チェッカーオンライン


排卵検査薬でわかること

排卵検査薬では排卵している時に出るLHという黄体形成ホルモンの分泌のピーク時を知ることが出来ます。

(LH分泌がピークに達してから36時間以内に排卵があるとされています。=LHサージ)

LHサージ知ることができる排卵検査薬は非常にありがたいものだと言えるでしょう。

排卵検査薬は基礎体温表を見て、低温期が終わりかけた時期から使用を始めます。
もしその時期が分からないのであれば、検査をできるだけ早くに始めてください。

検査薬は7日分で3千円程度のものがほとんどです。

人によっては検査にも根気は必要ですが、難しくはありませんから頑張って継続していきましょう。
sponsored link

Copyright(C) 排卵検査薬 通販ショップ Allrights reserved.