排卵検査薬 通販ショップ>排卵検査薬は避妊にも使える?

排卵日を計算して危険日を予測


排卵検査薬は避妊にも使える?

排卵検査薬は通常、妊娠を望む方が排卵日を知るために使うものだという認識があります。

しかし使い方によっては避妊にも使えるものなのです。

妊娠を望まない場合、避妊が必要になりますね。

コンドーム、ペッサリーなどを使った避妊法もありますが、身体の変化を読み取って避妊する方法も多く利用されています。

その避妊法の一つに排卵検査薬を使った方法があります。
sponsored link


月経のサイクルを利用した避妊法

身体の変化を読み取って避妊する方法は自然ではありますが、体調の変化などもあり確実とは言いきれません。

ですから、おりものの状態(分泌法)と基礎体温を組みあわせて排卵の時期を読み取ったりするなど、複数の方法を使うとより正確な排卵の時期を知ることが可能になります。


排卵検査薬で避妊する

脳にある下垂体から出るホルモンがあります。
これをLH(黄体化ホルモン)と言います。

LHは排卵に直接的に関連のあるホルモンで、このホルモンの分泌量がピークに達した時から36時間以内に排卵があると言われています。

これを排卵検査薬で知ることができます。

排卵検査薬は尿中のLHの量をはかることが出来るものなので、この検査を行って「陽性」と出ればその時点から3日間を排卵日と特定できる、というものです。

ですから避妊をしたいのであれば、この時期のセックスは避けなければいけないということになりますね。

排卵検査薬は通販などで手軽に購入することが可能です。

使い方も簡単。検査薬の所定の場所に尿をかけるだけで排卵日が近いかそうでないかが分かるようになっています。

ただし、排卵検査薬は本来妊娠しやすい時期を特定する為のものですし、人間の身体はちょっとしたことで変化があります。

もし避妊に利用するのであればおりものの状態を見るなど、やはり複数の方法を用いる方が安全であり確実であると思われます。
sponsored link

Copyright(C) 排卵検査薬 通販ショップ Allrights reserved.